物品とは異なり、電子的に配布されたソフトウェアとソフトウェアのライセンスは簡単に複製できます。このため、プロダクトキーが自動的に「使用済み」と見なされるため、プロダクトキーが顧客に公開されると、別のユーザーに販売することはできません。このため、ここで説明する権利を留保して払い戻しを行います。以下の条件を提示します。

注文時の問題

1. 払い戻しは、次の場合には購入日から7日以内に査定されます:

  1. この間、製品のダウンロードリンクは機能しませんでした。

  2. ユーザーの注文は、システムまたは人為的なエラーのために、顧客が支払いを行うか現金支払いの場合に支払いを報告した瞬間から、「確認済み」としてマークされることがない。

  3. インストール時にプロダクトキーが機能しません。

  4. ユーザーは以前に問題が解決せずにサポートチームに連絡しました。

製品ライフタイム中の問題

2. 次の場合、プロダクトキーの変更が考慮されます。

  1. プロダクトキーは、製品の存続期間中は機能しなくなります。

  2. 購入条件に記載されているように、製品には、Microsoftアクティベーションセンターを通じてインターネットまたは電話で自動的に10回のアクティベーションが行われるため、ユーザーは同じコンピュータに10回以上製品をインストールしませんでした。

3. 次の場合には、決して払い戻しを行わない、または製品キーの変更を行うことはありません。

  1. ユーザーがプロダクトキーを他のユーザーと共有した。

  2. 購入後、ユーザーが「これは私が必要とする版ではない」という基準で払い戻しを要求する。

  3. 購入した製品は、お客様のデバイスと互換性がない。

  4. ユーザーには税請求書が必要です。

払い戻しが承認された場合、StripeやMercadoPagoなどの支払い処理業者によって払い戻されるまで最大45日かかります。

最終的な注意:これらの払い戻しポリシーは、利用規約に準拠しています。

Did this answer your question?