このプロセスは、使用しているコンピュータによって大きく異なります。従来は、BIOSメニューを開き、BOOTメニューでドライブの順序を変更しました。新しいコンピュータはBIOSの代わりにUEFIを使用します.Windows 8を使用している場合は特別な方法でアクセスする必要があります。

コンピュータを再起動し、製造元のロゴが表示されたらBIOSまたはBOOTメニューキーを探します。このキーを押すとメニューが開き、起動順序が変更されます。セットアップキーは、通常、F2F10F11、またはDelです。USBドライブがプライマリブートデバイスとしてリストされていることを確認します。

次に、次のような画面が表示されます:任意のキーを押してCDまたはDVDから起動します。 

Enterキーを押してWindows XPをセットアップする

F8キーを押してWindows XPライセンス契約を読み、同意する

ESCを押しWindows XPのコピーをインストールする

既存のWindows XPパーティションを削除する

システムパーティションを確認する

パーティション削除の確認

パーティションを作成する

パーティションサイズ

Windows XPをインストールするパーティションを選択する

パーティションをフォーマットするファイルシステムを選択する

Windows XPのインストールファイルがコピーされるまで待ちます。

Windows XPのインストールが始まります

地域および言語オプションの選択

あなたの名前と組織を入力してください

コンピュータ名と管理者パスワードを入力してください

日付と時刻を設定する

ネットワーク設定を選択する

ワークグループ名またはドメイン名を入力する

Windows XPのインストールが完了するまで待ちます

再起動と最初のWindows XP起動を待つ

自動表示設定調整を承認する

[ OK]をクリックすると、Windows XPが自動的に画面の解像度を調整します。
自動表示設定の調整を確認する

Windows XPの最終セットアップを開始する

インターネット接続性チェックを待つ

この手順をスキップする場合は、[ スキップ - > ]をクリックします。
インターネット接続方法を選択する

必要に応じてWindows XPをMicrosoftに登録する

初期ユーザーアカウントの作成

Windows XPの最終セットアップを完了する

Windows XPの起動を待つ

Windows XPのクリーンインストールが完了しました!

Did this answer your question?