ISOファイルは、ディスクイメージ、単一のファイルにバンドルされたCDまたはDVDの完全なイメージです。このファイルを書き込んで、物理的なUSB、CD、DVDディスクとして利用できるようにして、仮想ディスクを物理ディスクに変換することができます。この場合、Windowsインストールを実行します。

今度は、あなたのダウンロードから前の手順でダウンロードしたISOファイルから起動ディスクを作成します。

USBまたはDVDの起動ディスクを作成してインストールを実行できます。

注:DVDのオプションは、お使いのPCのBIOSがUSBから起動できない場合にのみ使用してください。

オプション1 - 起動ディスクを作成する[推奨]

  1. Rufusをダウンロードする

  2. rufus.exeをクリックして開きます

  3. ソフトウェアのユーザーインターフェイスが開き、USBをプラグインします

  4. その後、「起動可能なUSBドライブを作成する」オプションを選択し、ドロップダウンメニューからISOイメージを選択します。

  5. 次に、ドロップダウンメニューを表示し、インストールするWindows 10 ISOを選択します

  6. 最後に、「スタート」をクリックし、ソフトウェアが起動可能なUSBドライブを作成するのを待ちます。あなたは今、起動可能なUSBドライブを持っています。単にデバイスに接続し、BIOSがすべて設定されていることを確認してください。作成したばかりのUSBドライブを使ってWindows 10を簡単にインストールできるようになりました。
    上記のプロセスを説明する短いビデオがあります:
    注:ビデオにはWindows 10が記載されていますが、Windows XPにも当てはまります

オプション2 - 起動可能なDVDディスクを焼く

  1. Active @ ISOバーナーをダウンロードしてください。

  2. 空のDVDをドライブに挿入します。

  3. 3つの点[...]をクリックしてISOファイルを探します

  4. BURNをクリック

  5. 確認を待つ。

Did this answer your question?