WindowsおよびOfficeのアクティブ化のバックアップを作成する
コンピュータをフォーマットする場合は、WindowsまたはOfficeを再度アクティブ化する必要があります。また、マイクロソフトでは、製品のすべてのライセンスについて、オンラインでのライセンス制限と電話による制限が課されることがあります。

「Advanced Tokens Manager」では、WindowsまたはOfficeのライセンスの有効性をテストするためにMicrosoftが使用したすべての情報のバックアップを作成できます。「トークン」は、外部ストレージドライブにコピーできる情報です。コンピュータをフォーマットしたら、「トークン」をインポートするだけで、WindowsまたはOfficeを再びアクティブにすることができます。
注:アプリケーションは、アクティブ化を回避させては機能しません。'tokens.dat'バックアップファイルを使用して、他のコンピュータ上で完全に正式なライセンス認証を複製することはできません。
「Tokens.dat」とは何ですか?

  • 'Tokens.dat'は、WindowsまたはOfficeのほとんどのインストールファイルを格納するデジタル署名されたファイルです。

  • 各PCのファイルには、 'tokens.dat'が他のマシン上で置き換えられないようにするデジタル署名があります。この場合、別のマシンで使用する場合は、オンラインまたは電話でアクティベーションを行う必要があります。したがって、ハードウェアを変更する前に新しいバックアップを作成する必要があります。

バックアップする方法
「Advanced Token Manager」をダウンロードしたら、.zipファイルを抽出し、右クリックして管理者としてプログラムを実行します。

'Advanced Tokens Manager'が実行されると、[ Backup Activation ]ボタンが表示されます。これをクリックすると、トークンのセキュリティのコピーが開始されます。

このプロセスが終了すると、「Windows Activation Backup」というフォルダが表示されます。フォルダの中にバックアップがあります。

コンピュータをフォーマットしてWindows / Officeを再インストールした後、表示されるように、まだアクティブ化されていません。

今度は、「Advanced Tokens Manager」を実行して、バックアップの代わりに「アクティブ化の復元」オプションを選択します。

[ アクティブ化の復元]をクリックすると、[はい]ボタンをクリックして確認を求めるメッセージが表示され、アクティブ化の復元が開始されます。

終了すると、有効化が成功したことを示すメッセージが表示されます。

準備ができました!これで、[システムのプロパティ]でアクティベーションステータスを確認することができ、Windows / Officeが再度アクティブになることがわかります。

アドバンストトークンマネージャは以下のものと互換性があります:

Windows 10ファミリ
Windows 8.1ファミリ
Windows 8ファミリ
Windows 7ファミリ
Windows Vistaファミリ
Windows Server 2008/2011/2012ファミリ
2010から2013までのMicrosoft Officeファミリ

Did this answer your question?